徒歩
13
HIGASHIKARATSU


2014-10-28
井手ちゃんぽん 唐津店 0955-77-3031
唐津市鏡田中3561-1 営業時間  11:00~21:00 定休日  第2・第4 水曜日

「ちゃんぽん」(700円)。見事な野菜盛り。コレだけでお腹一杯。

今日は東唐津駅周辺をふらりふらりと歩いてました。
めちゃ晴天で気持ちよかったなァ~。めっちゃ疲れたけど。
ランチはいつもながら遅めになってしまって・・・お腹ペコペコ。
心身共に疲れ果てて・・・辿り着いたのがこちら。
「井手ちゃんぽん 唐津店」さん。
場所は唐津バイパス202号線沿い。でっかい赤い看板で目立つお店です。
ボク的には唐津に釣りに出かけた時に帰りにいただく一杯というのが定番です。

「井手ちゃんぽん」さん。
今では福岡市内にもいくつもありますが・・・ボク的には佐賀で食べたいお店です。(笑)
ホントは武雄の本店さんでいただきたいのですが。ま、唐津店はギリギリ佐賀ってコトで。

久しぶりに訪れた「井手ちゃんぽん」さん。
入口の自動ドアに武骨な取っ手が取り付けられていて・・・【手動です】の貼り紙。(笑)
なかなか斬新です。
店内めちゃ広です。
客席も広いですが、厨房がハンパ無く広い。“ゆとりある~”なんてもんじゃなく。
その広い店内に「いらっしゃいませ~」の声が一斉に。
ランチタイムを大きくハズレていた時間帯だったので、スタッフさんの人数も少なめで余計に広く感じちゃう。
「お好きな席にどうぞ~」とのことで。奥の方のカウンター席を陣取る。
お冷やとオシボリ、スポーツ新聞も一緒に持ってきてくれました。
うん。今どきオシボリ出してくれるお店・・・それだけでポイント高くなっちゃいます。
ボク、オシボリ好きだから。

こちらのお店のハンパ無い量は分かってます。
なので、「ちゃんぽん」(700円)のみを注文。腹ペコでも。

そんなに待たされません。サスガです。
でーんとカウンターに置かれるチャンポン。盛ってあります。
「これで普通かァ~」。初めて見る人は必ずやお決まりのリアクション。

まずはスープを一口。んー甘いッ! 甘めの豚骨スープが疲れた体を癒やしてくれる感じ。
たまらんッ!
盛られたお野菜をかき分けかき分け・・・麺をほじくりだす。
若干細めのチャンポン麺がボク好み。美味いです。

キレイに良い感じに炒められているお野菜もなかなか。
かなりの量だけど美味しく食べ進められます。
この盛り野菜。モヤシが好きか嫌いかでかなり評価分かれそう。ボクは好き。

野菜に負けじと麺もかなりのボリューム。相変わらずです。
ホントに腹ペコでもコレ一杯でお腹一杯になります。
あまりの量に飽きるかなーって心配になりますが、普通に完食。
周りのお客さんは色々とカスタマイズされる方も多いですけどね。

一応、お昼のお得なセットメニューなども用意されています(ちゃんぽんは小盛り)が、ボク的には、純粋にちゃんぽん食べたい時にしか来ないのでコレばっかですねー。
でも、ビックリするのは「野菜大盛」(860円)をオーダーする方が多いこと。今回もお隣のお爺さん(失礼!)が超盛り盛りなお野菜をガシガシ・・・強者だなァ~。
バリエーションに“特製”がありますが、こちらはキクラゲと生卵がトッピング。
「替え玉」(160円)もありますよー。

超絶美味しいか??と聞かれると困りますが、疲れた時に食べたくなる一杯。
気軽に入れる雰囲気や元気なスタッフさんたちも良い感じなんです。

あぁ~こちらで食べるとますます本店さんに行きたくなる。
でも、本店さんに行ったら行ったで、ちゃんぽんにするか・・・カツ丼にするか・・・の永遠のジレンマと戦わないといけないのですよね。(笑)

ま、お腹パンパン。ゴチソウサマです。

★★★
Google Map

「井手ちゃんぽん唐津店」さんの外観。


横から見るとこんな感じ。


麺は若干細めのちゃんぽん麺。


卓上の調味料。


オシボリとお冷や。


ちゃんぽんのバリエーション。

Copyright (C) 2014 ChikuhiBura. All Rights Reserved.