九大学研都市駅より車で
20
波多江駅より車で
15
CHIKUHI-DRIVE


2014-07-19
一蘭の森 092-332-8902
糸島市志摩松隈256-10 営業時間  24時間営業 定休日  年中無休

「天然とんこつラーメン」(790円)。完璧なヴィジュアル。

やっと!? 糸島に一蘭に工場&店舗「一蘭の森」さんがオープン!
早速、行ってきました。

オープン日は混雑しまくるだろうから避けて・・・翌日の早朝に。ビバ!24時間営業!
糸島で朝ラーできるなんて・・・しかも一蘭さんで。しかも工場で。(笑)
まぁー驚き。

場所はリサーチ済みだったんで、スムーズに行けましたが・・・あの山がこんな風になってる・・・なんてビックリ。
地理的には九州大学伊都キャンパスとイオン志摩の中間あたり?
周りになんもないんで、これといった目印はないんですが、しっかり案内看板が案内してくれてます。

駐車場・・・広ッ!! しかも早朝にもかかわらず・・・大勢の誘導員さん達。何人いらっしゃるの??
みなさんに「おはようございまーす」と挨拶しながら工場の方へ入っていくと・・・。
竹林の遊歩道みたいな雰囲気。歩いて目指します。

工場前にもめっちゃ沢山のスタッフさん達。順路とか施設内容とかいろいろと説明してくれます。
オープニング期間はこんな感じなんでしょうねぇ。
花もいっぱいですね。華丸大吉さんのも目立つ場所に。
さすがに早朝。待ち時間もなく、店舗前の券売機の前。

なんと!こちらのお店、一蘭さん名物の「味集中カウンター」席と「市場屋台風」のテーブル席メインの2種類から選べるそうで。
めっちゃ早朝にも関わらず、屋台風の方は結構、賑わってる感じだったので。
1人ということもあって、味集中カウンターを選びました。

ラーメンは2種類から選べます。
いつもの「天然とんこつラーメン」と週替わりの新作ラーメン。週替わりって凄いですね。
今日は「渋味系/市場系とんこつ」。どちらも790円。ナンじゃコレ?って思ってると横にいた可愛い女性スタッフが「コラーゲンたっぷりですよ!」(ニコっ!)とオススメされたので思わず選んじゃいそうでしたが・・・お初。せっかく工場直送の出来たての出来映えを味わいたかったので、「天然とんこつラーメン」(790円)+「替玉」(190円)。〆て980円。
ちゃんとボタン1回だけで注文できるボタンも大きかったです。

店内に入るとこちらは・・・お馴染みの風景。お水はセルフになっていて・・・お水片手に着席。
注文用紙も同じですねー。
お初なんで、すべて真ん中の“基本”で。
初々しすぎるスタッフさん。微笑ましい。オープン仕立てって感じで。

ラーメンはさすがにスグに運ばれてきます。
おぉ。ヴィジュアル的に完璧な一蘭さんのラーメンです。素晴らしい。

まずはスープを・・・ズズっと。
おっ! 美味いッ! めちゃウマイですバイ。工場で出来たてですもんね。
素晴らしい出来映え。期待以上です。

麺も美味しいィ~。一蘭さん恒例の3口食べたら替玉プレートを・・・。
「チャララ~ララ♪ チャララララ~♪」チャルメラが店内に響きます。

替玉は“かため”でお願いしました。
やっぱり一蘭さん。替玉がより美味しく感じます。
スープが馴染んでるからかな~。ペロリ完食。早朝なんで久しぶりにスープまで完飲しちゃいました。うー満足!
今まで食べた一蘭さんの中でも一番美味しかったかも!(笑)

いやぁ。一蘭さんの工場が糸島に出来るって知って・・・数年。
本当に出来ましたねぇ。勝手に感慨深く・・・お店を後にしました。

正直、九大から近いとは言え・・・糸島でもぺんぴな場所。24時間営業するって聞いた時は「嘘?」と思いましたが。これならお客さん呼べるかな。週替わりのラーメンもいろいろと試したくなりますし。
ラーメン博物館とかお土産屋さんとか観光スポット的なものもまでありましたし。
一蘭さんの“本気”を感じさせてくれました。

これから“糸島産”の一蘭さん。
どーなっていくか・・・楽しみです。

★★★★
Google Map

「一蘭 一蘭の森店」さんの外観。


スープも麺も一蘭さんで一番・・・。


「替玉」(190円)。


お馴染みの味集中カウンター席。


カウンター席にあったメニュー。


注文用紙。お初なんで全部“基本”で。


お水はセルフになっとります


駐車場の入口。


駐車場から工場へ向かう歩道。

Copyright (C) 2014 ChikuhiBura. All Rights Reserved.