徒歩
12
CHIKUZEN-FUKAE


2014-07-13
Duangjan(ドゥワンチャン) 092-325-3986
糸島市二丈深江2129-18 営業時間  Lunch 11:00~14:30 / Tea 14:30~17:00 / Dinner 17:00~21:00 定休日  水曜日

「2種類のカレーが楽しめる贅沢セット」まさに贅沢!なグリーンとレッドカレー!

再訪です。→【前回 2013/11/03 海を眺めながら本場のタイ料理でリゾート気分♪

こちらのお店のおかげで・・・すっかりタイ料理がヤミツキになってしまったボク。
まぁ、福岡市内住んでいた時は「サラ・リム・ナム」さんくらいしか知りませんで、ちょっと敷居が高いイメージだったんで・・・(笑)。

場所は唐津街道202号線沿い。深江駅から歩いてちょっとありますが・・・少し手前には深江海水浴場もありますので、海伝いに散歩してくるのもアリだと思います。
テラス席には新たに可愛らしい“赤いカウンター”が設置され、海を見ながらの席もかなり増えてます。いやーさすがにテラス席が人気のようで、ほぼ満席。
僕らは店内のカウンター席に。テラスも素敵だけど、古民家を改装された店内もとっても落ち着ける雰囲気でこっちも素敵。

もちろん、今回ボクはカレー狙い。
ランチのセットにあったSetB「2種類のカレーが楽しめる贅沢セット」(1,690円)を。
まずはスープ。
スープは2種類から選べて、ボクはトムヤムスープを。
ミニサイズながらちゃんとプリップリな海老が入ってて、ちょい贅沢スープ。
辛味もソコソコ。めっちゃ美味いです。

そして運ばれてきた2種類のカレー。この日はグリーンカレーとレッドカレー。
まずはグリーンの方から。
一口食べると・・・甘ぁ~い・・・めっちゃ美味いっ!・・・おぉっ!辛ぁい。
って感じ!? ココナッツミルクが出てる感じでとってもフルーティ♪
やっぱり絶品ですわぁ。

見た目、辛そうなレッドカレーも一口。
ん??? そんなに辛さは変わらないかな?? でも、唐辛子っぽさはあるので、お野菜の甘さが際立ってる感じ。こっちもめっちゃ美味いっ!

ボクが全然辛そうにしてないからか、ヨメが「一口ちょうだい」と言ってきた。
どっちも美味しいよ!と試してみると・・・「めっちゃ辛~いッ!」とのこと。
あれ? ボクはそんなに激辛平気だったりしないのに・・・このカレーならもうちょっと辛くても全然大丈夫な感じ。タイ料理の辛味が合うのかなぁ。

カレー・・・2種類あるんで、とっても楽しく食べられますね。
ホントに“贅沢”でした。最後はスープのように飲み干して一滴も残さず堪能させていただきました。ふぅー爽快な汗と共にゴチソウサマです。
あ、添えてあったサラダや生春巻きもとても美味しかったんです!

デザートとドリンクもセットです。
ドリンクはホットコーヒーを。デザートは「タピオカココナッツミルク」。このタピオカがまた美味しいんですよねぇ。コーヒーともよく合います。
ついつい・・・長居してしまいたくなるお店です。


ヨメは軽くと「パッタイ」(1,080円)を。
“米麺の甘酸っぱい焼きソバ”というメニューの説明でした。
米の麺なので、どことなくベトナムの“フォー”に似た麺とたっぷりの卵、モヤシとお野菜、海鮮で炒められてます。
どことなくフルーティで、ちょっと香ばしい。これもとっても美味い。
添えてあるレモンを搾るとさらに爽やかな味わい。

こちらはデザートはついてますが、ドリンクは+200円です。

この日はちょっと風が強くて、雲も厚かったんですが時折見せる青空と店内にいても聞こえる潮騒が否が応にもリゾートな気分になりますね。

お味もどれを食べても・・・未だにハズレなしです。
何回来ても素敵なランチを愉しませてくれます。
ちなみに・・・“Duangjan(ドゥワンチャン)”って「月」という意味だそうです。

★★★★
Google Map

「ドゥワンチャン」さんの外観。


「パッタイ」(1,080円)。


ランチの「トムヤムスープ」。


ランチの「タイスープ」。


デザートとコーヒー。


通りからはこの看板が目印。

Copyright (C) 2014 ChikuhiBura. All Rights Reserved.