徒歩
11
CHIKUZEN-MAEBARU


2014-02-02
生そば(いおり) 092-321-1537
糸島市前原駅南1-22-31 営業時間  11:00~20:00 定休日  木曜日

「ざる」(500円)+「赤米のおにぎり」(200円)。

【閉店】残念ながら2014年7月30日に閉店されました。

最近、ヨメがよく「蕎麦食べたいっ!」と言ってくる・・・。
ボクのラーメン通いの当てつけなんですかな!?(笑)
そのヨメが美味しいお蕎麦を友達に教えてもらったというのがこのお店でした。
「生そば庵(いおり)」さん。

場所は唐津街道202号線と糸島市役所やJR筑前前原駅方面への分岐点「筒井町交差点」のすぐソバの「浜ちゃんぽん」さんと美容室の間の小道を少し入ったところにあります。
お店は踏切の向こう側。お店の前にも3、4台駐車できますが、踏切の手前の駐車場も確保できてるので、車でのアクセスはなかなか便利。

お店はシンプルな外観。入ってみると豪華すぎず寂れすぎず、テーブルと座敷席がきちんと並ぶお店でした。

今では、すっかり我が家定番の一軒となって・・・お世話になってます。
ボクもヨメも娘たちも・・・みんな満足できる~普段使いのありがたいお店。

いろいろ食べてますが・・・。

まずはやっぱりお蕎麦。
「ざる」(500円)。
毎回頼むのはやっぱり“ざるそば”。最近は1つは上の娘が完食しちゃうので、2つ頼むこと多し。とっても優しいお味のお蕎麦。
つゆが甘めで娘もお気に入り。
食べた後の蕎麦湯も楽しみにしてて・・・いつも満足げなお顔が見られます。
今回も「赤米のおにぎり」(200円)とセットで。この組み合わせホント絶妙。

「カツ丼」(650円)。
なにも特別なモノは感じさせないカツ丼なんですが・・・それが美味い。
甘い出汁とトロトロの玉子と・・・柔らかいお肉のカツ。
重要なモノが揃ってる感じ。
やっぱり丼もの・・・特に卵とじされたモノ・・・大好き。

「天ざる」(800円)。
これもコスパ優秀なメニュー。ボクがざる蕎麦を食べる時はこれを。
シンプルなヴィジュアルなお蕎麦と天ぷら。
でも、そのシンプルさがまた良い感じ。
ざる蕎麦のそばつゆは福岡でもかなりの甘めになるんじゃなかろうか。最近辛めなところが多いのでなんか逆に新鮮! 美味しいです。
お蕎麦はとても細くしなやかな口どけ。でもコシはそこそこあります。
天ぷらはもちろん揚げたてサクサク。やっぱり天ぷらはお蕎麦と相性バッチリですね。
ペロッと完食してしまいました。

「庵のカレー」(500円)。
いわゆるカレーうどんです。(お蕎麦も選べます。)
なんともマイルドで優しいお味。辛さは微塵もありませんが・・・。美味しい。
お安いのに鶏もたっぷり。

「天とじ丼」(700円)。
やっぱり丼ものも美味しいんです。丼を覆わんばかりのトロトロ玉子が凄い。
出汁が効いているけど、やっぱり優しいお味がなんとも懐かしい感じ。

「ごぼう天そば」(500円)。
サクサクのゴボウ天。くるりとまあるくキレイです。
温かいお蕎麦も・・・めっちゃ優しいお出汁に。細~いお蕎麦。癒やされるお味です。

「かしわそば」(550円)。
これまたほっこり具合抜群なお蕎麦!
かしわ肉がたっぷり入っていて味的にもコスパ的にも大満足!

「赤米のおにぎり」(200円)。
なんとも癒やし系なおにぎりはホッカホカ!でした。
もちもち・・・ほっこり・・・。
なんとも言えない食感はまさに赤米。コレ!めっちゃ旨いッ!
これが・・・また・・・お蕎麦と合うんですねぇ。


お蕎麦も美味しいし、お店の方達も暖かい。
このアットホームでとっても落ち着く雰囲気が和ませてくれます。

ちょいとひっそり佇み系のお店なので、もっと早く発見してれば・・・と悔やんだくらいなかなか良いお店でした。

★★★★
Google Map

大きな地図で見る

「生そば庵(いおり)」さんの外観。


やっぱり・・・ざる蕎麦は毎回いただきます。


「カツ丼」(650円)。


「天ざる」(800円)。


「庵のカレー」(500円)。


「天とじ丼」(700円)。


「ごぼう天そば」(500円)。


「かしわそば」(550円)。


「赤米のおにぎり」(200円)。


最初に出てくるお茶もとても香りが良くて・・・。

Copyright (C) 2014 ChikuhiBura. All Rights Reserved.