徒歩
11
KAFURI


2013-07-13
牧のうどん 本店 092-322-3091
糸島市神在1334-1 営業時間  09:00~23:30 定休日  第3水曜日

「冷しとろろキムチ」(590円)。ざるうどんにキムチ。さらにトロロおつゆをぶっかけます。

糸島市・・・いや、今や福岡のソウルフードといっても過言じゃない「牧のうどん」さん。
その本店はJR加布里駅から徒歩10分強にあります。もともと“牧の”の“牧”は地名だったんだとか・・・。
もちろんボクも通ってます。せっかく近所に住んでるんですから。
糸島に越してきてからは、やっぱり本店さん。
一人でも家族でも・・・お世話になってます。
どんなに混雑しても満席にならないキャパシティを誇るダイナミックなお店です。
カウンター席もあるし、座敷席も超広々。個室っぽく使えるお部屋なんかもあったりします。


久しぶりにJR加布里駅から歩きました。
ゆっくり歩いて・・・11分。ちょいと遠いですが、目的地が「牧のうどん」さんなら遠足気分な感じ。

今日も糸島市は35℃越え??
そんな日は冷えたうどんも美味しかろう・・・ってことで。
冷たいうどんのメニューもいろいろと充実してます。
「冷しとろろキムチ」(590円)を注文。
注文してスグに運ばれてきました。

はじめて食します。
おぉ、透明なボウルに冷たいうどん。キムチがどっかりのっかってます。
おつゆにはとろろが入ってて、それをぶっかけて食べるのだそうです。

思いっきりぶっかけて、いただきます!
おぉ、なんだか美味。キムチの辛さは冷たいからかそんなに感じさせません。爽やかなピリ辛~な感じ。
食べ進めていくとどんどん美味しく感じました。
これ、最初からガンガンかき混ぜて食べた方が美味しくいただけるみたい。
おつゆとキムチととろろが馴染んで、なんともいえないハーモニー・・・奏でます。
ボリュームも申し分なし。

でも、これだけじゃ・・・やっぱり「かしわごはん」(190円)はご一緒に。
今日も美味しい。おこげっぽいところがあると嬉しい。

満腹になりましたー。ゴチソウサマです。

やっぱり何とも言えない魅力がいっぱいの「牧のうどん」さん。
これからもいっぱいお世話になると思います。


せっかくなのでボクの定番メニューを紹介。

「カレーうどん」(520円)。
ボク的にはキングオブ牧の!なメニューです。
予備知識なしには難しいかもですが、病みつきメニュー。
汁なしのうどんにカレールゥがかけてあり、それをやかんの出汁で好みに整えて召し上がります。なんと自動的にご飯もついてきます。なのでカレーをご飯にかけてカレーライスも楽しめるという・・・素晴らしきメニュー。しかも安いッ! まさにキング・・・。

「豚キムチうどん」(590円)。
間違っても「肉キムチうどん」を頼まないように・・・こちらは760円もしちゃいますからね(笑)。贅沢は敵!
ま、どっちも美味しいんですけどね。でもボクは豚キムチの方が好き。
今まで一番食べてるメニューだと思います。

「ざるうどん」(410円)。
あまり食べているのを見ないですが、ザルもとっても美味しいのです。

「ワカメゴボウうどん」(500円)。
定番メニュー。
迷った時はこれにしているような気がします。やっぱりゴボウ天も美味しい。

「唐揚げうどん」(440円)。
かなりアッツアツの唐揚げが投入されてきます。カリカリのままでも美味しいし、出汁に沈めてズブズブにして食べても美味しい。ちなみにボクはズブズブ派。

「野菜かき揚げうどん」(440円)。
かき揚げにすると出汁が更にウマうま~になるんですよね。
最近の推しメニューだけあって、美味しいです。

★★★★
Google Map

大きな地図で見る

「牧のうどん 本店」さんの外観。


つゆをかけたらこんな感じ。


「かしわごはん」(190円)。


全てのテーブルの上には取り放題のネギ。


やかんはお茶ではなく熱い出汁。


「カレーうどん」(520円)。


「豚キムチうどん」(590円)。


「ざるうどん」(410円)。


 「ワカメゴボウうどん」(500円)。


「唐揚げうどん」(440円)。


「野菜かき揚げ」(440円)

Copyright (C) 2013 ChikuhiBura. All Rights Reserved.