徒歩
8
SUSENJI


2013-06-14
岸川うなぎ 092-807-8141
福岡市西区周船寺1-13-41 営業時間  11:00~20:00 定休日  不定休

「特々丼」(2,600円)贅沢な丼。このご飯の中にも鰻が隠されています。

あまり食事にはお金をかけない(かけられない)ボクですが・・・例外な食材がいくつか・・・。
その一つが“うなぎ”です。

もちろん頻繁には食べられませんが、時々無性に食べたくなる禁断症状が。
それが今日でました。

周船寺駅を下車。
目指すは「岸川うなぎ」さん。

駅を出て北へ。唐津街道202号線を渡って、「周船寺西交差点」から少し入り込んだところにあります。通りから看板が見えるので迷うことはないでしょう。

いかにも老舗のお店って雰囲気です。
お昼過ぎに訪問しました。
先客2組ほど。

なんともいえない香りが漂ってます。この香り・・・これだけでも幸せ気分。

テーブル席と座敷席。こぢんまりとしたお店ではありますが変な高級感もないし、気軽に食べられる雰囲気。
心落ち着けて鰻が食べられそう。

メニューを開くと、基本は定食、丼、せいろ蒸し。
どれにしようか迷うところでありますが。

お初なので丼を。
丼はボリューム別に4種類。
せっかくなので一番贅沢なの「特々丼」(2,600円)を注文。

しばし待たされること・・・鰻なので我慢できます。
運ばれてきたお膳を見て思わず口元が緩む。

さすがにボリューム感ありますねぇ。
丼いっぱいに広がる鰻の蒲焼き。めっちゃ美味しそうゥー。

いきなり一口、鰻をパクリ。
うぉ、美味っ! 表面がカリカリッとしていて香ばしくもお肉はふわふわっとしていて、極上の食感。タレが丁寧に塗られていて、ベタついていないのが特徴でしょうか。
たれベタベタな方には物足りないのかも・・・と思いますが、かなり上品でボク的にはツボな美味しさ。
鰻の上質さに自信を感じられるというか。いやぁ美味しい。

鰻もご飯もアッツアツで、ハフハフしながら食べ進めるとご飯の中にも鰻が仕込まれてます。確かに特々な感じ。ご飯も美味しかった。

添えられた、うざく、肝吸い、お漬け物。どれもとっても美味しくいただけました。
いやぁ、こりゃわざわざでも来る価値があるお店です。
満腹&満足。ゴチソウサマです。


周船寺はかなり通ってるエリアなんですが・・・こんなお店があったとは・・・。
また鰻が食べたくなったらここに来よう♪

★★★★
Google Map

大きな地図で見る

「岸川うなぎ」さんの外観。


表面パリパリッとした香ばしい食感。


うざくも良い。


定食、丼、せいろ蒸しの3本柱。

Copyright (C) 2013 ChikuhiBura. All Rights Reserved.